ロゴ

初心者さんでもチャレンジできる一棟売りアパートの魅力

>Column>安定的な収入を得たいなら一棟売りアパートを買うべし

安定的な収入を得たいなら一棟売りアパートを買うべし

マンション

管理の手間がかかりません

一棟売りアパートとは、アパートの一棟をそのまま購入することができる売り物件のことです。不動産投資が初めての人はワンルームマンション投資などから始めることが多いのですが、ワンルーム物件から得られる家賃収入は限られますし、さらに複数のワンルーム物件を所有していると管理のための手間がかかることになります。一棟売りアパートには通常6部屋から10部屋程度が設置されていますので、ある程度まとまった家賃収入を得ることができますし、さらに複数の部屋をまとめて管理することで面倒な手間が省略できるのです。一棟売りアパートには木造・鉄筋造り・鉄筋コンクリート造りなどのタイプがありますが、不動産投資が初めての人には比較的安価な木造タイプをおすすめします。

マンション

大きな投資が可能です

アパート経営は様々な投資方法の中でも、特に安定性が高いことが特徴だといえるでしょう。アパートからの収益は入居者の有無に左右されますが、一棟売りアパートを購入する際に立地条件などを慎重に検討すれば、空き室のリスクを軽減することができます。さらに景気の変動の影響が少なく安定した需要が期待できることもメリットです。銀行などからの融資が受けられれば、限られた資金で大きな投資が可能になります。借り入れが認められれば自己資金が少なくても、数千万円・数億円のアパートのオーナーになることができます。購入した一棟売りアパートそのものが借り入れの担保となるため大きな金額の借り入れが可能になりますし、借り入れた資金は家賃収入で無理なく返済することができるのです。