ロゴ

家賃保証会社を利用する意味〈保証人を肩代わり〉

>Column>家賃保証会社が行なっているサービスを熟読

家賃保証会社が行なっているサービスを熟読

男性

どのようなルールか

マンションなどの物件を購入する時には、家賃保証会社が関係してくることが少なくありません。家賃保証会社とは、その物件の家賃を保証してくれる会社になります。この保証があることによって、仮に空室が出たとしても保証会社の方で一定の家賃を保証してくれるため物件のオーナーは損失になることはありません。このような便利な制度ですが、実際に利用する時にどのようなルールがあるかを確認しておく必要があります。そもそも、マンションなどの物件を購入する場合に必ず家賃保証会社と契約をしなければならないかは問題になりますが、最近は多くの不動産物件において家賃保証会社と契約することが条件になっている傾向があります。そのため、ルールとしてあらかじめ契約することを頭に入れておく必要があるでしょう。

貯金箱

サービス内容はどうか

気になる家賃保証会社のサービス内容ですが、空室が出た場合でも毎月の家賃を保証してくれることが基本ですがそれ以外にもメンテナンスを行ってくれます。例えば、ある程度大きなマンションの場合は15年から20年に一度大規模修繕を行う必要があります。大規模修繕とは、マンションの外壁塗装やひび割れなどを修正したり、壊れている部分があれば補修したりすることです。いくら木造よりも頑丈な鉄筋コンクリートのマンションといえども、使い続けることによって何らかの問題が生じてしまう場合が少なくありません。このような大規模修繕の契約を家賃保証会社の方でしてくれるサービスがあります。そのため、オーナーとしてはわざわざ建設会社を探して選ぶ手間を省くことができます。また、家賃保証会社によっては、マンションの管理をしてくれるところもあるでしょう。